留学体験記

中国交換留学体験記

2013年度入学 神谷莉那

中国2

私は2年次に1年間、中国の杭州師範大学で交換留学生として過ごしました。この経験は今でも忘れられない思い出であり、就職活動でも、学生時代に頑張ったこととしてアピールしました。中国1
留学先では中国人だけではなく、世界30ヶ国以上の友人ができました。また、各国の文化や伝統を知りました。クラスメイトの中には、中東から来た学生には、目以外、全て
を布で覆って肌を見せないように生活しなければいけない女性もいました。留学後の今も、クラスメイトたちと連絡を取っています。
中国人は、人として優しく親切で、何をしたら相手が喜ぶかな、と常に考えている人が多く、それを実行する行動力も強く感じ、人としての在り方を考えた1年でした。
中国留学は私にとって生涯忘れられない大切な時間です!

 

中国3

フランス交換留学体験記

2013年度入学 小嶋郁香

フランス交換留学体験記

フランス語が好きでもっと勉強したいと思い、2年生の後期からジャン・ムーラン・リヨン第3大学に10ヶ月交換留学をしました。大学では最初に留学生向けの2週間のオリエンテーションで文法の授業はもちろんのこと文化や歴史・経済に関する授業を受け、リヨンの観光もしました。その後は本格的に授業が始まり、留学生必須の文法と文化の授業以外は現地の学生と一緒に勉強しました。文法の授業はテストでレベル分けされましたが、どのクラスでも前期後期一回ずつプレゼンテーションがありました。必須以外は日本語学科の新聞記事を翻訳する授業や日本経済についての授業をとるなど、前期は特にフランス語に慣れることを目的に授業選択をしました。授業人数も20~150人とさまざまでしたが、大人数では板書が基本的にないので最初は聴いているだけで精一杯でした。

フランス交換留学体験記_1

フランス交換留学体験記_2フランス人とは授業を通じて友達になり、大学主催の国際イベントでは留学生とも沢山交流出来ました。週末や授業期間内の1週間の休みにはフランス国内を旅行し、バカンスにはフランス外へも行きました。私は国内の計19都市に日帰りや泊まりで行きましたが、トラブルも含めてどれも楽しい旅でした。またフランスの魅力は友達の輪が広がることです。1人の友達に誘われてホームパーティーへ行くと、その度に5人10人と友達が増えていきました。毎週のように参加することで会話力も伸びとても学びの多い時間でした。もちろん銀行口座開設にかなりの時間がかかったり、郵便局でまともに話が聞いてもらえなかったり、提出した書類を失くしたと言われるなどフランスで生活する上で辛い事やイライラした事は沢山ありました。フランス語がわかってくるとそれだけ差別的な言葉や皮肉も理解できるようになります。それでも自分自身を見つめ直すきっかけになったこの留学生活は本当に貴重なものでした。

英語圏留学体験記

1325089 芳村恭子

英語圏留学体験記_1

金城学院大学からの派遣留学という形で9か月間、アメリカのシアトルにあるハイラインカレッジに通いました。最初の3か月間は大学内にあるKaplanという語学学校へ通い、その後、夏と秋の2クオーターで大学に入り、実際に授業を受けました。

英語圏留学体験記_2
アメリカに着いてすぐの時は、相手が何を話しているかさっぱりわからず、また、自分も英語を話せないために思ったことを伝えることができなくて戸惑うことばかりでした。しかし、語学学校の先生は毎日きちんと指導してくださり、クラスメイトも間違いを優しく指摘してくれ、少しずつ英語が分かるようになりました。英語圏留学体験記_3

アメリカでの生活は毎日がとても刺激的でした。中でも一番私が感動したのは、様々な人種の人々がいることです。多人種の中での生活は、日本では味わえないような文化の違いをリアルに体感することができ、とても面白かったです。

英語圏留学体験記_4
留学生活はあっという間に終わってしまいましたが、学んだことが多く、とても充実した9か月でした。留学中は辛いと感じることも多々あり、何度もくじけそうになりましたが、周りの支えもあり、なんとか乗り越えることがありました。留学前よりも自分自身成長したと感じるし、今の自分の方が好きだと胸を張って言えます。この留学経験を今後の人生でも生かしていきたいです。