履修コース

履修コース

 外国語コミュニケーション学科では、2年生から大陸文化コースと海洋文化コースに分かれます。2つのコースでは、陸と海というふたつの視点から世界の文化を学んでいきます。陸の視点からは「中国大陸」「インド」「ド イツ・オーストリア・スイス」「フランス・地中海」を学び、海の視点からは「日本」「オセアニア・太平洋」「カリブ海・大西洋」「華僑・華人社会」を学んでいきます。国際交流センター主催の短期語学研修や学科独自の「海洋文化研修」に参加することで、実際にふたつの世界を体験することができます。

→短期語学研修

→海洋文化研修

 

  • 大陸文化コース

中国:塔 世界地図では、国と国の間に線がひかれています。が、当然のことながら、実際そこに行っても線を見つけることはできません。この線がひかれるずっと昔から、人間は大陸を自由に移動し、互いに交流してきました。文化や言語を、国境線で区切ることはできないのです。近接する地域では国境を越え、互いに似た、それでいて違った文化や言語が見られます。そうした文化の広がりについて、「中国古代文化研究」「近現代フランス文化研究」「中世・近世・近代ドイツ文化研究」「異文化理解A(インド)」などの科目を通じて学びます。海外研修や長期留学は、国家の枠を越える広い視野を持つきっかけとなり、文化や言語について理解を深めることができます。

 

  • 海洋文化コース

「海」の視点から世界の文化をとらえ直す。

海洋文化コースオセアニアやカリブ海の国々、東南アジアでは海を越えて文化交流が行われてきました。日本もまた同じです。それぞれの地域における文化交流を、あらめて「海」という視点でとらえ直し、「カリブ海・アフリカ文化研究」「異文化理解C(オセアニア)」「異文化理解D(南太平洋)」などの科目を通じて学びます。更に海洋文化研修などに取り組み、海洋文化への理解を深めます。また、フランス語や中国語、英語などの言語と各地域の文化との関係も考えます。