浅井 邦昭 教授

ASAI Kuniaki
Eメール: asai@kinjo-u.ac.jp
学位: 文学修士
専門分野: 中国文学 清代文学
研究課題: 清代文学理論研究
清代『四書』学研究
明清八股文研究
所属学会: 日本中国学会 東方学会 名古屋大学中国語学文学会

20110615_1

浅井ゼミ

2010年度

2年ゼミ

中国の作品を題材とし、日本など他地域の作品を比較しながら鑑賞していく。同じテーマを扱いながらも、文化背景の違いにより、各地域では表現方法にさまざまな特徴が生じる。中国の文化的な特徴はどこに存在をするのか、小説や映画を分析して明らかにしていく。
授業では、まず作品を分析していくことからはじめる。2つの作品を比較しながら、小さな違いにも注意をはらい、なぜそのような違いが生じたのかを議論し、文化背景や社会構造の差異にまで関心をむける。その後、授業での議論を踏まえて、レポートを作成するが、その際には複数回の提出を義務づける。同じテーマで何度も書き直すことで、レポートの形式に慣れ、議論を深めることができるようにする。

4年ゼミ

中国に関する題材を選び、1年間かけて論文にしあげることをめざす。前期はまず論文に関する資料を集める。その上で、自分のテーマに関係する書籍や論文を、読書ノートを作成しながら読み進めていく。それにより、テーマの基礎知識や研究状況を理解し、その内容を紹介することで、各人のテーマに関する知識をみんなで共有できるようにする。
後期は、論文作成のために構想発表をおこない、自分が論文として完成できる研究方法を確認する。その後は、教員の指導を受けながら、学生生活の集大成として論文を完成させる。

2009年度ゼミ論題目

・『儒林外史』における周進の立身出世と科挙制度
・『家』と『囲城』における恋愛の意味
・『飛狐外伝』における胡斐と袁紫衣、程霊素の恋の結末について
・『初恋のきた道』にあらわれたチャン・イーモウの教育観
・詩詞にみえる女性解放運動家としての秋瑾
・抗日戦争下における梅蘭芳 ~梅蘭芳がヒゲを生やした理由とは~
・稲作儀礼の存在から見るハニ族の世界観
・日中の教科書から見る音楽教育
・中国における正月の主食について
・京劇史における臉譜の形成