通訳シンポジウム

本学科の外国人教員、Pendell先生と通訳者の前徳比嘉が通訳シンポジウムを開催します。興味のある学生は是非ご参加下さい。
前徳比嘉(まえとくひが)ノーラさん
来日されて15年。豊田厚生病院で医療通訳者として外国人
患者の診療の際の通訳と精神心療科のカウンセラーとして
ご活躍されています。

Pendell Patrice先生
金城学院大学文学部外国語コミュニケーション学科で講師を
されています。国際交流センターが開催する行事に参加されて
おり、学生や留学生と積極的に交流を深めていらっしゃいます。
○日時 1月20日(水) 16:45~18:15
場所 金城学院大学 W9号館 205教室
○プログラム
1.挨拶
2.学生による研究発表 テーマ『愛知県における通訳事情』
3.ゲストスピーチ
前徳比嘉ノーラさん  『ことばと文化の橋渡し…医療通訳者の立場から』
Pendell Patrice先生  『コミュニケーションの大切さと通訳者への期待』
*2・3には学生による同時・逐次通訳がつきます。
4.挨拶